9/1 JL32長崎戦

Pocket

Pocket



★好調長崎をホーム万博に迎えた一戦。序盤からその勢いでゲームの主導権を長崎が握る。運動量が多く、アグレッシブな長崎にガンバもなかなかボールをもてない。
41分には左から右サイドに振られ、ダイレクトでゴール前に入れられると奥埜に決められ、先制点を許す。
後半に入り、ガンバも攻撃に出る。59分には藤春と途中出場の二川が左サイドでパス交換をし、藤春が右足でシュートを決め同点に追いつく。しかし、その後も運動量が落ちない長崎にゲームを支配され、85分には右サイドからのクロスに途中出場の小松にヘディングシュートを決められ、1-2に。
その後も決定機を作れず、ホーム万博で今シーズン初の敗戦。

Comments are closed.