4/17 JL9松本山雅

Pocket

Pocket



内田が今シーズン初先発でスタートした松本山雅戦。松本山雅とは初対戦ということもあってか、平日の夜のゲームにもかかわらず、多くの松本山雅サポーターが観戦に訪れたなか、19:03にキックオフ。
前半からガンバがゲームを支配する。前半4分、DFラインでボール回しをしている間、藤春が左サイドで高い位置をとり、その藤春へボールがわたると、ゴール前に走りこむレアンドロへクロス。レアンドロの前に入ったDFがクリア出来ずに、脚に当たってオウンゴール。思わぬ形で先制点を挙げる。
その後も、何度かシュートを打つが、ゴールにはならず。しかし、ほとんど敵陣でボールをまわしていたため、前半終了間際のシュート1本だけで、危ない場面もなく前半終了。
後半に入り、ガンバペースで試合が進むが、何度かあったシュートチャンスを決めきれず、徐々に松本山雅のペースに。だが、DF陣も落ち着いて対応し失点を許さない。
終了間際には前線にロングボールを入れられることもあったが、選手全員が集中力を切らさずに、1-0で勝利!
昨年の8月以来の万博での勝利を今シーズン初の連勝、しかも「ガンバらしくない1-0」で飾ることが出来た。
「初先発の内田や途中出場の阿部・川西も非常にアグレッシブにプレーしてくれたのが嬉しかった」と長谷川監督。この勢いで、次節富山戦も戦う!

Comments are closed.