6/1 JL17栃木

Pocket

Pocket



★日本代表に遠藤・今野が抜け、チーム全体の力が試される6月。先発に入ったのは丹羽と岡崎。そして、11人のうちガンバユース出身者が7名も占めるメンバーでキックオフ。
開始10分、栃木GKにボールが渡ると、倉田がプレスをかける。GKがクリアしたボールは内田がカット。そのボールをレアンドロがループシュートで先制点を決める。これで落ち着いたガンバはボールをしっかりまわし、栃木に攻撃をさせない。23分にはクリアボールを倉田がDFと競り、DFがバックパスをしたところをゴール前から走ってきた藤春がカット。前に出てきていたGKの頭上を越すシュートで2点目。44分、栃木選手のトラップミスを岡崎が見逃さずカット。ドリブルで持ち上がり、3対2の状況でレアンドロへパス。一度フェイントを掛けた後、右足でカーブを掛けたシュートを決め、前半で3-0に。
後半、栃木も選手交代を行い、ボールを持てるようになる一方、ガンバも内田や倉田が決定的なチャンスを作る。追加点を入れることは出来なかったが、無失点のまま終え、3-0で勝利。
代表組が不在の6月最初の試合、好スタートを切ることができた。

Comments are closed.